一覧へ戻る

在宅・フリーランス翻訳で活躍

多田優子さん
社内翻訳を経て独立。主にIT系の日英案件を受注

鈴木千恵子さん
前職の経験と学んだことを活かし、トライアルに合格

松本峻平さん
授業で自分の適性を見極め、希望だった実務翻訳の道で活躍

遠藤智子さん
フリーランスになって絵本、映像など幅広い翻訳で活躍

秋葉晴彦さん
61歳で勉強を始め、会社員からフリーランスの実務翻訳者に

石原奈緒美さん
翻訳は年齢や性別、過去の職歴など関係のない実力の世界だと実感しています

井口春香さん
好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに

飯原央子さん
フリーランスとして独立。子育てに翻訳に充実した毎日

高橋和子さん
派遣で勤めた会社との縁がフリーランスの仕事の第一歩に

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

矢代淳一さん
講師の紹介で翻訳会社のトライアルに挑戦し登録翻訳者に

長本幸子さん
TOEIC600点台から翻訳者に翻訳は経験が生かせる仕事です

三浦朋子さん
フリーランス翻訳者として医学薬学の日英・英日の翻訳で活躍

吉田裕子さん
字幕ディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に

伊藤倫子さん
SEから翻訳業界に転身。推薦制度を利用して就職、独立へ

星野順子さん
翻訳会社数社からプレスリリースなどの案件を受注

蔭山歩美さん
ゲーム、映像などエンタメ分野の翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

横山妙子さん
3社で翻訳と周辺業務に携わり、フリーランスに

山口浩司さん
翻訳会社勤務を経て独立。地元でフリーの翻訳者に

猪原理恵さん
IT分野やビジネス文書の英日翻訳で活躍

根岸亜都子さん
金融・ビジネス・経済の英訳と和訳を手がける

篠原このみさん
翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに

松田栄さん
社内翻訳者を経てフリーランスとして活躍

水野裕紀子さん
環境やエネルギーの翻訳を中心に活躍

坂内朝子さん
フリーランス翻訳者になる夢をかなえ人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

田中和香子さん
沖縄の地でフリーの映像翻訳者として活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

豊田実紗さん
翻訳会社9社に登録し、契約書や行政文書の翻訳で活躍

伊藤由美子さん
日本語版制作会社での勤務を経て、映像翻訳者として活躍

堀込泰三さん
幅広く学んだ強みを仕事に活かし在宅翻訳者へ転身

川端周平さん
自分を変える覚悟がフリー翻訳者への出発点

浅川佳秀さん
 
2年のオンサイト勤務を経て、フリーランスとして独立

古川晶子さん
フリーランスの実務翻訳者として経済・金融分野で活躍

宮内愛さん
3分野の翻訳を学んだことがフリーランスとしての礎に

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

国枝幸子さん
会社員から在宅ワークに。金融・財務関係の翻訳で活躍

樋口真理子さん
契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねる

藤原由希さん
吹替・字幕を学び、多言語の翻訳で活躍

大橋美帆さん
海外在住でも、「翻訳入門<ステップ18>」から学んで正解でした

市川昌基さん
ローカライズは天職だと思っています

紺野玲美子さん
映像制作会社勤務を経てフリーランスに道

Oakley千春さん
翻訳の仕事は海外在住がメリットになることも
宮内愛さん
大学卒業後、企業の営業職に就職するも、語学力を活かせる仕事がしたいと退職し、総合翻訳科「ベーシック3コース」に入学。修了後は、翻訳会社や版権エージェントでキャリアを積み、2010年からフリーランスとなる。

インタビュー

3分野の翻訳を学んだことが
フリーランスとしての礎に

日英問わず、本を読んだり文を書いたりすることが好きだったということもあり、将来的には翻訳をしたいと思っていましたが、大学卒業後は不動産業界の営業職に就き、英語を使う機会がありませんでした。このままではせっかく身につけた語学力が活かせない、と意を決して退職、翻訳者を志すことにしたのですが、全く違う業界からの転向だったため、どのようにキャリアをスタートさせれば良いのかが分かりません。検討の末、「学校に通う」という選択をしたのですが、なかでも私が興味をもったのが「ベーシック3コース」でした。
翻訳には「実務」「出版」「映像」と様々な分野がある中、短期間で全てを学べるということ、そして翻訳を本業としている講師陣や翻訳者ネットワーク「アメリア」など、フェローでは「修了後の仕事」を感じさせてくれる要素が多いことが決め手となりました。ベーシック3コースですべての分野の翻訳を経験したことで、それぞれの分野で求められる翻訳スキルがどういうものか分かったことが、現在の礎となっています。

コース修了後、受講中に紹介していただいた派遣会社や翻訳会社に登録しましたが、翻訳の仕事はごくわずか。実務翻訳をキャリアの基本と考えながらも出版業界に興味があったので、翻訳の仕事と並行して、版権を扱う会社で働き始めました。日本と海外の出版社の仲介をし、出版物の権利の輸出入をする仕事です。海外のブックフェアに行ったり、和書のシノプシスを書いて海外に売り込んだりと、色々な経験ができましたし、国内外の多くの出版社と出会い、出版業界について詳しく知るチャンスをいただきました。またその後、翻訳のチェッカーやコーディネーターとしてオンサイトで働いた会社では、実務翻訳の現場でしか学べないことを教えていただけたと思います。

2010年にフリーランスとして独立してからは、翻訳会社からの依頼を受け、証券会社の投資家向け情報や女性向け季刊誌などの翻訳をすると同時に、大手エンターテインメント企業と契約をし、在宅で出版物の監修サポートなどを担当。監修サポートの業務では、翻訳だけでなく、海外承認を得るために必要なやりとりの補助など、出版物の監修全般のお手伝いをさせていただいています。英語教材が主ですが、ムックやマンガ、CDのライナーを翻訳することも。私の場合、雑誌、絵本や書籍、マンガを翻訳する際には出版翻訳、契約書やチュートリアル、ガイドラインを作る際には実務翻訳、動画教材の翻訳をする際には映像翻訳と、全ての分野を学んだことが強みになっているように思います。

翻訳学校を出て翻訳会社に登録したからと言って、経験もない新人にいきなり沢山の仕事が来るわけではありません。フリーランスで仕事をするということは、会社の看板の力を借りずに、個人名で仕事をするということ。いい仕事をすれば、次の仕事につながるけれど、その逆もまたしかりです。今思えば、業界の様子を知り、ネットワークを広げていったことが、結果として近道だったように思います。

宮内さんが受講した講座

通学 総合翻訳科「ベーシック3コース」

講座の内容をチェック

PAGE TOP