一覧へ戻る

在宅・フリーランス翻訳で活躍

多田優子さん
社内翻訳を経て独立。主にIT系の日英案件を受注

鈴木千恵子さん
前職の経験と学んだことを活かし、トライアルに合格

松本峻平さん
授業で自分の適性を見極め、希望だった実務翻訳の道で活躍

遠藤智子さん
フリーランスになって絵本、映像など幅広い翻訳で活躍

秋葉晴彦さん
61歳で勉強を始め、会社員からフリーランスの実務翻訳者に

石原奈緒美さん
翻訳は年齢や性別、過去の職歴など関係のない実力の世界だと実感しています

井口春香さん
好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに

飯原央子さん
フリーランスとして独立。子育てに翻訳に充実した毎日

高橋和子さん
派遣で勤めた会社との縁がフリーランスの仕事の第一歩に

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

矢代淳一さん
講師の紹介で翻訳会社のトライアルに挑戦し登録翻訳者に

長本幸子さん
TOEIC600点台から翻訳者に翻訳は経験が生かせる仕事です

三浦朋子さん
フリーランス翻訳者として医学薬学の日英・英日の翻訳で活躍

吉田裕子さん
字幕ディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に

伊藤倫子さん
SEから翻訳業界に転身。推薦制度を利用して就職、独立へ

星野順子さん
翻訳会社数社からプレスリリースなどの案件を受注

蔭山歩美さん
ゲーム、映像などエンタメ分野の翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

横山妙子さん
3社で翻訳と周辺業務に携わり、フリーランスに

山口浩司さん
翻訳会社勤務を経て独立。地元でフリーの翻訳者に

猪原理恵さん
IT分野やビジネス文書の英日翻訳で活躍

根岸亜都子さん
金融・ビジネス・経済の英訳と和訳を手がける

篠原このみさん
翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに

松田栄さん
社内翻訳者を経てフリーランスとして活躍

水野裕紀子さん
環境やエネルギーの翻訳を中心に活躍

坂内朝子さん
フリーランス翻訳者になる夢をかなえ人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

田中和香子さん
沖縄の地でフリーの映像翻訳者として活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

豊田実紗さん
翻訳会社9社に登録し、契約書や行政文書の翻訳で活躍

伊藤由美子さん
日本語版制作会社での勤務を経て、映像翻訳者として活躍

堀込泰三さん
幅広く学んだ強みを仕事に活かし在宅翻訳者へ転身

川端周平さん
自分を変える覚悟がフリー翻訳者への出発点

浅川佳秀さん
 
2年のオンサイト勤務を経て、フリーランスとして独立

古川晶子さん
フリーランスの実務翻訳者として経済・金融分野で活躍

宮内愛さん
3分野の翻訳を学んだことがフリーランスとしての礎に

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

国枝幸子さん
会社員から在宅ワークに。金融・財務関係の翻訳で活躍

樋口真理子さん
契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねる

藤原由希さん
吹替・字幕を学び、多言語の翻訳で活躍

大橋美帆さん
海外在住でも、「翻訳入門<ステップ18>」から学んで正解でした

市川昌基さん
ローカライズは天職だと思っています

紺野玲美子さん
映像制作会社勤務を経てフリーランスに道

Oakley千春さん
翻訳の仕事は海外在住がメリットになることも
伊藤由美子さん
作家の村上春樹さんが翻訳も手がけていることから、翻訳の仕事に興味を持つ。2005年に総合翻訳科「カレッジコース」を修了、映像日本語版制作会社でのオンサイト勤務を経て、映像翻訳者として独立。現在は、映画、ドラマ、ドキュメンタリー、インタビュー、企業映像など幅広いジャンルの字幕と吹替を手がける。

実績

インタビュー

日本語版制作会社での勤務を経て、
映像翻訳者として活躍

翻訳の世界に興味を持ったものの、実務、出版、映像のうちどの翻訳が自分に合っているのかがわかりませんでした。まずはすべてを学びたいと思い、総合翻訳科「カレッジコース」に入学しました。 授業では3分野それぞれのプロに教わることができ、業界の雰囲気を感じ取ることができました。私を含め、つい格好よく、頭の良さそうな翻訳をしてしまう人が多いのですが、「読者にとって分かりやすい翻訳」はどの分野の翻訳においても求められます。1年間勉強し、先生方の翻訳を見て、それがとても大事なことだと感じました。実際に、翻訳の仕事を始めた今、当時の教えが活きていると感じます。

カレッジコース受講中の10月頃に、仕事へのアプローチを始めました。翻訳者ネットワーク「アメリア」の求人情報を見て、2社に応募し、映像日本語版制作会社に勤務することになりました。
入社時は、制作アシスタントとして備品管理など雑用がメインでしたが、3〜4カ月後には、CS放送の映画、ドキュメンタリーなどの制作進行、字幕チェックを任されるようになりました。入社1年後には、担当クライアントを複数持ち、受注から翻訳手配、チェック、納品までの全工程を1人で担当し、やがて制作部のチーフとなりました。長編映画を1本、字幕翻訳したのもちょうどこの頃です。
翻訳制作の現場で働いたことで、さまざまな翻訳者の訳文に触れることができ、良い字幕、良い吹替とは何かを肌で感じることができたと思います。悪い翻訳だと作品を見ていてもあまり頭に入ってこず、慌ただしい気持ちになりますが、良い翻訳だとゆったりした気持ちで作品を見ることができます。やはり「分かりやすい」ことが重要であり、相手に伝わらないと意味がないと再確認しました。

制作会社の勤務を経て、現在はフリーランスの映像翻訳者として、字幕・吹替の両方で仕事をしています。 「日本語版制作の工程を把握しながら作業できる」「この作品に何が求められるのかが分かる」など、制作会社にいた経験がフリーになった今、仕事に活かせています。また制作会社時代に字幕翻訳ソフトで完璧なスポッティング(字幕を表示するタイミングを決めること)をとれるようになったことも1つの強みです。スポッティングがよくないと、クライアントがタイミングを全部修正することになりますし、字幕の内容を変えなければならないことも出てくるからです。

映像翻訳では、法律、ラブロマンス、ホラー、アクション、戦争、コメディなど様々なジャンルの仕事が入ってきます。その都度リサーチをして知識を補いながら、自分の経験を総動員しています。これからもいろんなことに挑戦し、いろんな人と交流して、翻訳の仕事に活かしていきたいと思います。

(このインタビューは、2013年7月当時の内容です)

伊藤さんが受講した講座

通学 総合翻訳科「カレッジコース」

講座の内容をチェック

PAGE TOP