一覧へ戻る

在宅・フリーランス翻訳で活躍

多田優子さん
社内翻訳を経て独立。主にIT系の日英案件を受注

鈴木千恵子さん
前職の経験と学んだことを活かし、トライアルに合格

松本峻平さん
授業で自分の適性を見極め、希望だった実務翻訳の道で活躍

遠藤智子さん
フリーランスになって絵本、映像など幅広い翻訳で活躍

秋葉晴彦さん
61歳で勉強を始め、会社員からフリーランスの実務翻訳者に

石原奈緒美さん
翻訳は年齢や性別、過去の職歴など関係のない実力の世界だと実感しています

井口春香さん
好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに

飯原央子さん
フリーランスとして独立。子育てに翻訳に充実した毎日

高橋和子さん
派遣で勤めた会社との縁がフリーランスの仕事の第一歩に

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

矢代淳一さん
講師の紹介で翻訳会社のトライアルに挑戦し登録翻訳者に

長本幸子さん
TOEIC600点台から翻訳者に翻訳は経験が生かせる仕事です

三浦朋子さん
フリーランス翻訳者として医学薬学の日英・英日の翻訳で活躍

吉田裕子さん
字幕ディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に

伊藤倫子さん
SEから翻訳業界に転身。推薦制度を利用して就職、独立へ

星野順子さん
翻訳会社数社からプレスリリースなどの案件を受注

蔭山歩美さん
ゲーム、映像などエンタメ分野の翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

横山妙子さん
3社で翻訳と周辺業務に携わり、フリーランスに

山口浩司さん
翻訳会社勤務を経て独立。地元でフリーの翻訳者に

猪原理恵さん
IT分野やビジネス文書の英日翻訳で活躍

根岸亜都子さん
金融・ビジネス・経済の英訳と和訳を手がける

篠原このみさん
翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに

松田栄さん
社内翻訳者を経てフリーランスとして活躍

水野裕紀子さん
環境やエネルギーの翻訳を中心に活躍

坂内朝子さん
フリーランス翻訳者になる夢をかなえ人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

田中和香子さん
沖縄の地でフリーの映像翻訳者として活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

豊田実紗さん
翻訳会社9社に登録し、契約書や行政文書の翻訳で活躍

伊藤由美子さん
日本語版制作会社での勤務を経て、映像翻訳者として活躍

堀込泰三さん
幅広く学んだ強みを仕事に活かし在宅翻訳者へ転身

川端周平さん
自分を変える覚悟がフリー翻訳者への出発点

浅川佳秀さん
 
2年のオンサイト勤務を経て、フリーランスとして独立

古川晶子さん
フリーランスの実務翻訳者として経済・金融分野で活躍

宮内愛さん
3分野の翻訳を学んだことがフリーランスとしての礎に

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

国枝幸子さん
会社員から在宅ワークに。金融・財務関係の翻訳で活躍

樋口真理子さん
契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねる

藤原由希さん
吹替・字幕を学び、多言語の翻訳で活躍

大橋美帆さん
海外在住でも、「翻訳入門<ステップ18>」から学んで正解でした

市川昌基さん
ローカライズは天職だと思っています

紺野玲美子さん
映像制作会社勤務を経てフリーランスに道

Oakley千春さん
翻訳の仕事は海外在住がメリットになることも
樋口真理子さん
印刷会社で海外営業に従事し、結婚を機に退職。2006年4月にフェロー・アカデミー通信講座「実務翻訳<ベータ>」で翻訳学習を始め、「ベータ応用講座」を経てフリーの翻訳者に。契約書や技術文書の翻訳を手がけている。その傍ら、通信マスターコース「ノンフィクション」を受講するなど、出版翻訳の勉強にも励んでいる。

インタビュー

空き時間をすべて勉強に費やし
ノウハウをしっかり学んでプロデビュー

今年、翻訳歴3年目を迎える樋口真理子さん。いまも契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねている。だが、翻訳に出会うまでは「自分のキャリアに悩んでいた」とのこと。そんな樋口さんを大きく変えたのが、フェローの通信講座だった。
結婚を機に勤めていた会社を退職し、夫の海外赴任に同行してアメリカへ渡った。自由な時間ができると、気になり始めたのが自分自身の仕事。これから先、自分に何ができるのか。そもそもどんな職業が自分に向いているのか。自己分析して気づいたのは「語学が好き、読書をしたり何かを調べて考えたりすることも好き」。それに合致するのは“翻訳”しかない。すぐに通信講座を開講する翻訳学校から資料を取り寄せ、フェロー・アカデミーに目が止まった。
「出版・実務・映像のすべてが学べるのはフェローだけ。そのときはまだ分野が決まっていなかったので、選択肢の多さが決め手となりました」

出版翻訳に興味を持ったものの、仕事に結びつきやすい実務分野にターゲットを絞った。「実務翻訳<ベータ>」を受講し、「1日も早く翻訳者になりたい」という一心で、空いた時間をすべて勉強にあてる。原因を示す動詞、性質を示す動詞など、項目別に訳し方を学び、論理的な文章を訳す基本を身につけた。続けて「ベータ応用講座」へ進み、4つある学習ジャンルから「ビジネス文書」を選択。契約書の翻訳をじっくり学習した。

2年半の米国滞在から帰国すると、翻訳者ネットワーク「アメリア」を通じて翻訳会社のトライアルに挑戦。合格を果たし、契約書の翻訳を中心に仕事を始めた。それでも樋口さんは立ち止まらない。仕事が軌道に乗ると、興味のあった出版翻訳を学ぶべく、通信講座マスターコース「ノンフィクション」を受講。現役翻訳家の直接指導を受けて、プロの姿勢やノウハウを学び取った。 「通信講座なのに、先生との距離がすごく近く感じられ『ターゲット読者を意識せよ』『著者の“声”を再現することが翻訳者の仕事』など、心に残るアドバイスをいただきました。パソコン環境や調べものの仕方など、翻訳以外の情報もたくさん教えてくださり、課題が戻ってくるのが本当に待ち遠しくて(笑)。」

講座を締めくくる直接講義では、他の受講生の訳文にふれ、ディスカッションにも参加。「自分のレベルがわかりとても刺激になった」という。
次なる目標は「出版社に企画を持ち込んで海外の本を出版すること」。いたって順調な実務翻訳にしても「金融や経済などの苦手分野も克服したい」と現状に満足していない。フェローの通信講座をきっかけにキャリアを切り開いたことで、樋口さんの目には進むべき道がはっきりと見えているようだ。

『通訳者・翻訳者になる本2011』(イカロス出版発行)より転載
(Text 金田修宏  Photo 服部貴康)

樋口さんが受講した講座

通信 実務翻訳コース 「実務翻訳<ベータ>」

講座の内容をチェック

通信 マスターコース「ノンフィクション」

講座の内容をチェック

PAGE TOP