一覧へ戻る

在宅・フリーランス翻訳で活躍

多田優子さん
社内翻訳を経て独立。主にIT系の日英案件を受注

鈴木千恵子さん
前職の経験と学んだことを活かし、トライアルに合格

松本峻平さん
授業で自分の適性を見極め、希望だった実務翻訳の道で活躍

遠藤智子さん
フリーランスになって絵本、映像など幅広い翻訳で活躍

秋葉晴彦さん
61歳で勉強を始め、会社員からフリーランスの実務翻訳者に

石原奈緒美さん
翻訳は年齢や性別、過去の職歴など関係のない実力の世界だと実感しています

井口春香さん
好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに

飯原央子さん
フリーランスとして独立。子育てに翻訳に充実した毎日

高橋和子さん
派遣で勤めた会社との縁がフリーランスの仕事の第一歩に

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

矢代淳一さん
講師の紹介で翻訳会社のトライアルに挑戦し登録翻訳者に

長本幸子さん
TOEIC600点台から翻訳者に翻訳は経験が生かせる仕事です

三浦朋子さん
フリーランス翻訳者として医学薬学の日英・英日の翻訳で活躍

吉田裕子さん
字幕ディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に

伊藤倫子さん
SEから翻訳業界に転身。推薦制度を利用して就職、独立へ

星野順子さん
翻訳会社数社からプレスリリースなどの案件を受注

蔭山歩美さん
ゲーム、映像などエンタメ分野の翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

横山妙子さん
3社で翻訳と周辺業務に携わり、フリーランスに

山口浩司さん
翻訳会社勤務を経て独立。地元でフリーの翻訳者に

猪原理恵さん
IT分野やビジネス文書の英日翻訳で活躍

根岸亜都子さん
金融・ビジネス・経済の英訳と和訳を手がける

篠原このみさん
翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに

松田栄さん
社内翻訳者を経てフリーランスとして活躍

水野裕紀子さん
環境やエネルギーの翻訳を中心に活躍

坂内朝子さん
フリーランス翻訳者になる夢をかなえ人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

田中和香子さん
沖縄の地でフリーの映像翻訳者として活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

豊田実紗さん
翻訳会社9社に登録し、契約書や行政文書の翻訳で活躍

伊藤由美子さん
日本語版制作会社での勤務を経て、映像翻訳者として活躍

堀込泰三さん
幅広く学んだ強みを仕事に活かし在宅翻訳者へ転身

川端周平さん
自分を変える覚悟がフリー翻訳者への出発点

浅川佳秀さん
 
2年のオンサイト勤務を経て、フリーランスとして独立

古川晶子さん
フリーランスの実務翻訳者として経済・金融分野で活躍

宮内愛さん
3分野の翻訳を学んだことがフリーランスとしての礎に

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

国枝幸子さん
会社員から在宅ワークに。金融・財務関係の翻訳で活躍

樋口真理子さん
契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねる

藤原由希さん
吹替・字幕を学び、多言語の翻訳で活躍

大橋美帆さん
海外在住でも、「翻訳入門<ステップ18>」から学んで正解でした

市川昌基さん
ローカライズは天職だと思っています

紺野玲美子さん
映像制作会社勤務を経てフリーランスに道

Oakley千春さん
翻訳の仕事は海外在住がメリットになることも
千葉敏生さん
2003年に早稲田大学理工学部数理科学科を卒業後、フェロー・アカデミーのカレッジコースにて1年間翻訳を学ぶ。企業でローカライズ業務全般を経験したのち、2006年にフリーランス翻訳者として独立。技術翻訳をしながら、2008年、『買い物する脳 驚くべきニューロマーケティングの世界』で出版翻訳家デビューを飾る。

実績

インタビュー

技術翻訳の仕事を軸に
出版にもチャレンジして見事デビュー

主に技術翻訳のジャンルで活躍してきたが、恩師である翻訳家・田口俊樹先生の紹介で知り合った編集者の依頼を請け、2008年、『買い物する脳 驚くべきニューロマーケティングの世界』で出版翻訳家としてデビューした。書籍の翻訳は“英文との格闘”になるという印象があったが、本書はとても読みやすく、英文を一読しただけですんなりと文意が流れ込んできた。
「原文が素直で読みやすかったので、訳文も体現止め、擬音語、口語体などを利用し、読みやすくしたつもりです」

苦労したのは調べもの。山のように登場する広告やCMを調べるのに、ぼう大な時間を要した。
「実際に広告やCMを見ないと訳文が決まらないケースも多く、広告の画像を一つひとつ検索したり、You TubeでCMを探して確認したりしました。テレビ番組も出てくるのですが、You Tubeで見ていると、つい番組にハマって朝まで見続けてしまったり……。そんな誘惑に負けないようにするのも大変でした(笑)」

理工学部数理科学科出身で、留学経験どころか、飛行機に乗ったことさえなかったが、大学卒業後、週5日・1年のコースであるフェロー・アカデミーのカレッジコースに入り、じっくりと翻訳を学んだ。その後、アルバイトで約2年間、ローカライズ業務を経験。2006年にフリーランスになった。
「高校生の頃からシャーロック・ホームズが大好きで、対訳付きの原書をよく読んでいました。大学時代も、英語やフランス語の対訳本ばかり読んでいて、そのうちに自分でも訳してみたいと思うようになりました。理系が肌に合わなかったわけではありませんが、翻訳を選んでよかったと思っています」

とはいえ、翻訳を人生の中心に据えて考えてはいない。時間と場所を選ばない翻訳の仕事を人生のベースに、本を執筆したり、日本各地に住んでみたり――いろいろなことに挑戦したいと思っている。
「でも、まずは一人前の翻訳者になること。“この人に任せておけば安心”と思っていただけるように、翻訳の腕を磨きたいですね。何を訳すか、媒体にはまったくこだわりはありません。翻訳の技術を活かせる仕事を常に探しつつ、マルチな翻訳家を目指したいと思っています」

『通訳者翻訳者になる本 2010』(イカロス出版発行)より転載
(Text 四宮規子)

千葉さんが受講した講座

通学 総合翻訳科「カレッジコース」

講座の内容をチェック

通学 出版翻訳コース 「田口ゼミ」

講座の内容をチェック

PAGE TOP