一覧へ戻る

就職・オンサイトで活躍

平田航さん
翻訳会社への就職を決め現場で経験を積む

武市有里子さん
英語教材の販売会社で、日英翻訳や商品PR映像の字幕制作に従事

佐藤優子さん
文系出身で医薬品の安全性に関する英訳・和訳に従事

松林真美さん
地方公務員から映像制作会社勤務へとキャリアチェンジ

田中久美子さん
自動車部品メーカーの社内翻訳者として活躍

加藤千里さん
映像制作会社に就職し、字幕ディレクターを目指す

荒井理恵子さん
販売業から翻訳会社勤務へとキャリアチェンジ

北林愛さん
幅広い知識やノウハウを学び、あこがれの映像翻訳会社に就職

井口裕美子さん
技術やマーケティングの文書を手がける会社の社内翻訳者に

上田理沙さん
翻訳会社で特許翻訳のチェッカーとして活躍

三樹愛さん
教職から翻訳の道へ。仕事が人の生活の一部になるのがやりがい

吉田千晴さん
主婦生活から再就職を果たし、外資系企業の正社員に

須田理恵子さん
商社勤めから翻訳業界へ。就職活動のサポートが心強かった

大島陸さん
まだまだ歴史の浅いゲームの魅力を翻訳者として伝えたい

坂田あやさん
就職未経験でローカライズ最大手の企業に採用

坂井大剛さん
フリーの翻訳者を経て映像翻訳会社に就職

安孫子智美さん
翻訳・編集コーディネーターとして翻訳会社にオンサイト勤務

橋村吾土子さん
翻訳会社に勤務し社内チェッカー、翻訳者として活躍中

平野佑樹さん
医学関連情報を提供する会社に勤務

河村愛子さん
英語の業務経験ゼロから医薬系の翻訳会社に就職

濱野寿美子さん
通信講座で学び、翻訳会社に勤務

村松沙綾さん
デザイン会社の正社員として翻訳業務にも関わる

高橋彩さん
映像制作会社で字幕演出。長編映画の翻訳も経験

岸岡高史さん
映像制作会社に就職してディレクションに従事

小貫麻衣さん
翻訳会社の特許部門でチェッカーアシスタントに

松石奈保子さん
企業説明会がきっかけで翻訳会社に勤務

齋藤由佳さん
翻訳コーディネーターとして活躍中

根岸邦明さん
約30年のエンジニア生活を経て翻訳会社に転職

志田文子さん
新聞社で海外ニュースの翻訳者として活躍

官澤彩さん
社内翻訳者として新エネルギー関係の翻訳で活躍

山道真奈さん
社内翻訳者として成長を実感

武田大輝さん
金融関係の英訳チェッカーとして活躍

鈴木敦史さん
「映画好き」を生かせる仕事をしたい

御囲ちあきさん
新卒で翻訳会社のコーディネーターに

桑澤真由さん
翻訳スキルが生かせる映像制作の現場へ

原田真吾さん
翻訳会社の医薬部門に勤務。安全性に関する文書に携われる“やりがい”を感じています

村中知世さん
大手翻訳会社の特許部門でコーディネーターとして活躍

佐渡麻衣子さん
受講中から積極的に情報収集。経験を積み、医薬系の翻訳で活躍

長澤優子さん
就職後は翻訳、メモリの更新、品質管理などローカライズ全般を担当

田中亜紀子さん
社内でどんな書類の翻訳を頼まれてもひるまなくなった

中畑京子さん
実務翻訳のチェッカーとして活躍

矢島有記さん
在宅での翻訳とオンサイトのチェッカーで実務経験を積む

松井貴司さん
医療翻訳会社から大手製薬会社に出向

多田あゆみさん
出版・映像コンテンツ事業を行っている企業に就職

並木泰二さん
推薦制度を利用してローカライズ企業に就職
上田理沙さん
通学講座「翻訳入門」と「日英基礎」を受講後、「総合翻訳科ベーシック3コース」で3分野の翻訳の基礎を習得。コース修了後、翻訳者ネットワーク「アメリア」を通じて翻訳会社の求人に応募し、採用される。現在は、オンサイトで特許の翻訳チェッカーとして活躍中。写真集の日英翻訳も手がけている。

インタビュー

翻訳会社で特許翻訳のチェッカーとして活躍
「世の中に多くの発明品ができて便利になってほしい」


映画字幕の日英翻訳をした経験が、翻訳を本格的に学ぶきっかけとなりました。もともと英語が得意だったこともあり、知り合いに頼まれ引き受けることにしたのですが、80分の映画を1カ月かけて翻訳、そのあとも映画監督と手直しを重ね、完成するまで半年かかるという大変な経験となりました。
プロの翻訳者はこんなに大変な作業を毎日やっているのかと思うと気が遠くなりましたが、思い返してみれば、翻訳することは楽しかったですね。1作品を仕上げた達成感や、試写会で自分の字幕が出ているのを観た感動は、いまだに忘れられません。

2014年4月に一念発起し、大学を辞めて「翻訳入門」「日英基礎」を受講しました。自分の人生を見つめなおす時期だったということもあります。フェローを選んだのは歴史があることと、カリキュラムや方針に惹かれたからです。修了後は3分野を効率よく学べる「総合翻訳科ベーシック3コース」を受講することにしました。翻訳のプロになる以上、様々な分野を学んで知ったうえで、自分の専門分野をじっくり選びたいと思ったのです。
「ベーシック3コース」のどの授業も印象に残っていますが、一番は「映像吹替」の授業で実施されたアフレコ演習です。講師の峯間先生が「このキャラクターは方言でも良いですよ」とおっしゃったので、私は北九州弁で原稿を作ってきたのですが、声優さんが心をこめて北九州弁で演技してくださったのがとても面白かったです。この授業では、クラスで一番の大爆笑が起こっていました(笑)。
またチェッカーに興味を持っていたということもあり、特別講座の「チェッカー講習」も印象に残っています。ツールを使った説明がわかりやすく、新たな発見がありました。

現在は、特許翻訳のチェッカーとして翻訳会社に勤めています。もともと特許翻訳に興味があったので、翻訳者ネットワーク「アメリア」で毎日特許関連の新着求人を確認しては、応募できる案件を探していました。修了後まだ間もない時期に、特許のチェッカーで未経験でも応募できる案件を見つけ、面接とトライアルを受けて採用されました。
チェッカーは、納品された翻訳者の原稿に誤訳、訳抜け、誤字がないかの確認に加えて、用語や書式もクライアント指定のものに直していきます。おもに特許明細書(特許庁への出願書類)、拒絶理由や特許査定、意見書などの中間書類、たまにプレゼン資料や観光・アパレルのパンフレットやプレスリリースのチェックもしています。特許明細書は用語がきちんと訳せていないと、そのせいで特許が取れない、なんてこともあるので責任重大です。一口に特許といっても、化学、医療、機械など多岐にわたるので、ジャンルごとに新たな発見があり、翻訳者の訳文を見て勉強になることがたくさんあります。多くのジャンルに携わり、徹底的に調べ物をすることで専門知識がつくことにもメリットに感じています。
アパレルや観光のパンフレットは特許のような硬い文章ではなく、格好よく、読みやすい文章が好まれます。これは出版翻訳で学んだスキルが役立ちました。また、キャッチコピーの翻訳をチェックしたときは映像翻訳で学んだ簡潔で覚えやすいフレーズにするセンスが必要だと分かりました。やはり、実務翻訳だけではなく、全分野を学んで良かったと思える瞬間でした。

今後の目標はスピードも品質も向上させて、チェッカーとして更に腕を上げることです。発明品が好きで、世の中に多くの発明品ができて便利になってほしい、という思いで仕事をしています。ひとつでも多くの発明品が特許を取得できるようにお手伝いできればと思っています。そして、チェッカーという仕事がどれだけ素晴らしいか、多くの人に知ってもらいたいですね。
翻訳は学歴も職歴も、年齢も関係ないので、興味があるなら挑戦してみることをおすすめします。将来、皆さんの翻訳文をチェックできる日を楽しみにしています!

上田さんが受講した講座

通学 「翻訳入門」

講座の内容をチェック

通学 実務翻訳コース「日英基礎」

講座の内容をチェック

通学 総合翻訳科「ベーシック3コース」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語