一覧へ戻る

映像翻訳で活躍

金子治子さん
迷わずにフェローに入校。講師の紹介で初仕事

山本英美さん
講師の紹介で仕事を獲得し、在宅の字幕翻訳者として活躍

橋本康平さん
映像制作会社に就職して1年後、帰郷してフリーの翻訳者に

梅林靖子さん
映画やドラマの翻訳チェッカーとして活躍

鶴馬夕紀さん
講師の紹介でプロデビュー。2年で30作以上の字幕を手がける

井口春香さん
好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

坂井大剛さん
フリーの翻訳者を経て映像翻訳会社に就職

玉廣景子さん
未経験から始めて1年半でプロ翻訳者に

吉田裕子さん
字幕ディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に

佐藤美由紀さん
海外ドラマ、アニメなど幅広いジャンルで活躍

蔭山歩美さん
ゲーム、映像などエンタメ分野の翻訳で活躍

高橋彩さん
映像制作会社で字幕演出。長編映画の翻訳も経験

篠原このみさん
翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに

遠藤美紀さん
ドキュメンタリーのボイスオーバーや吹替で活躍

川岸史さん
英語に加えて独語の翻訳も。出版と映像分野で活躍

坂内朝子さん
フリーランス翻訳者になる夢をかなえ人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

田中和香子さん
沖縄の地でフリーの映像翻訳者として活躍

伊藤由美子さん
日本語版制作会社での勤務を経て、映像翻訳者として活躍

安野美奈子さん
IT技術者から映像翻訳者へ。現場経験と学習の積み重ねで着実に成長

大嶋えいじさん
ドラマ、ドキュメンタリー、ライブDVDなどさまざまなジャンルの映像翻訳で活躍

藤原由希さん
吹替・字幕を学び、多言語の翻訳で活躍

大岩剛さん
40歳からのスタート。仲間の存在が宝です

岡本由香子さん
実務・出版・映像すべての分野で活躍。通信講座だけで学習してプロへ

亀井玲子さん
フェローでの人脈がデビューのきっかけに

金澤壮子さん
翻訳に夢中一生続けたい仕事です!

紺野玲美子さん
映像制作会社勤務を経てフリーランスに道

渡部美貴さん
授業で指摘されたおかげで仕事が成功しました

小堺香織さん
海外ドラマシリーズの吹替翻訳が夢

北村広子さん
インディーズ映画の字幕を手がけています
篠原このみさん
大学院卒業後、2年間の企業勤務を経て2011年度カレッジコースへ入学。コース修了後は映像翻訳を主に扱う翻訳会社に就職し、1年間字幕チェックに携わったのち、独立。現在はフリーランスで幅広い映像コンテンツの翻訳を手がける。

インタビュー

翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに
幅広い映像コンテンツの翻訳を手がける

英語が好きだったので、それを活かせる仕事をしたいと思っていました。大学卒業後、企業に2年勤めましたが、退職し一念発起。総合翻訳科カレッジコースへの入学を決意しました。
漠然と映像翻訳の道に進みたいとは思っていましたが、最初から1つの分野に絞る自信はありませんでした。1年間、毎日いろいろな分野の翻訳を基本からしっかり学べるカレッジコースは私にとってぴったりのコースでした。
今振り返ってみると在学中は翻訳漬けの毎日でした。毎日課題に取り組むのは大変でしたが、クラスメイトと訳文を見せ合い議論するなど、楽しい思い出でいっぱいです。今でもクラスメイトとは交流があり、大切な仲間に出会えて本当によかったと思っています。

カレッジコースでいろいろな分野の翻訳を学ぶ中で、やはり映像翻訳に絞ろうと決意しました。在学中の秋頃から映像翻訳を主に扱う翻訳会社に2社応募し、年末にはそのうちの1社から採用の内定をいただきました。SSTの基本操作ができること、字幕翻訳の基本的なルールが分かっていることが条件でしたが、1年間学んだことが実を結んだ結果、採用いただけたのだと思います。

入社後は、字幕チェックの仕事がメインでした。ドラマ1本(60分)を1日でチェックするというのが業務の目安で、字幕を1つずつチェックして誤訳や日本語の表現で気になるところがあれば修正し、判断できない箇所は翻訳者に戻して修正をお願いします。固有名詞なども、細心の注意を払ってリサーチします。1年間の翻訳会社での経験で、翻訳は表面的なことばかりではなく内容を深く理解していないとできないのだということと、リサーチの大切さを改めて実感しました。

現在は、フリーランスとして映像翻訳の仕事を手がけています。おもにインタビュー映像や特典映像が多いですが、本当にいろいろな仕事をさせていただいています。最近になってドキュメンタリー本編の翻訳も何本かやらせてもらうようになりました。 私がフリーで仕事ができているのは、制作会社での経験があるからだと思います。たくさんの翻訳者の方と接する中で、理想の翻訳者像が明確になったことが大きかったと思います。

在学中は、どの先生も「諦めないこと、続けることが大切」とおっしゃっていたのが印象に残っています。翻訳業界は厳しい世界で、実力が思うように上がらず落ち込むこともありますが、コツコツと続けることが何よりも大切だと思います。仕事を始めてみて、先生の言葉の意味を身をもって感じています。

篠原さんが受講した講座

通学 総合翻訳科「カレッジコース」

講座の内容をチェック

PAGE TOP